実験装置にてスケール除去機能を検証しました。 実験水は水量55ℓの水道水で配水管のスケールは冷却装置で1年6ケ月使用の配管で塩分多めの地下水使用によるものです。

件名 配水管内スケール除去実験

水槽の状態写真 日付(実験開始後) メモ
H28 11/25 実験開始
11/28
(3日)
水槽が濁りスケール溶解が進行。
11/30
(5日)
水槽の周囲と底部にスケールが付着しているが3日目より透明度が上昇。分子結合による沈殿と55ℓの水量による飽和ではないかと思われる。
12/1
(6日)
水槽の透明度が上昇しましたが、水槽に付着したスケールが減少。水槽に付着したスケール溶解。
12/5
(10日)
水槽がまた著しく濁り、スケールの溶解が再度進行。
12/6
(11日)
水槽の透明度が向上しました。水槽の円周にスケールが付着。5日目と同様の現象。
12/8
(13日)
水槽の透明度が著しく下降しました。スケールの再溶解。
12/9
(14日)
水槽の透明度が上昇。水槽内付着のスケール溶解。
12/13
(18日)
水槽の透明度がかなり上昇。水槽内付着スケール溶解。
H29
1/5 (41日)
水槽の透明度が更に上昇。水槽内付着スケール溶解。

☆実験開始日より補給水のみ追加12/11迄
☆12/12より水槽内の全水量入替え12/27迄続行
☆1/6より補充水のみの給水に切替

配管の状態写真 日付(実験開始後) メモ
  実験開始前
12/12
(7日)
表面のスケールの溶解が目分量として30%減
12/19
(24日)
表面のスケールの溶解が目分量として35%減
H29 1/16
(52日)
表面のスケールの溶解が目分量として60%減